スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.02.01 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    まだやってるの?悪質スパムブログと効果のないSEOもどき勧誘

    0

      突っ込みどころ満載の営業


      知り合いの司法書士の方に某○○○インターネットから以下のような勧誘電話がかかってきたそうな。
      「Yahoo!検索の特定キーワードで検索するとJwordの広告欄に事務所名を表示させます」

      いやいや、それって検索した人のパソコンで Jword 使ってないと表示されないわけだよね?
      あのネット界隈では不評の Jword とか Ask とか、普及率はどれぐらいなんだろう?

      こんなものにお金払うなら普通にGoogle Adwords とか Yahoo!リスティングで広告を載せればいいだけの話であって、この商売の仕方はちょっとあり得ない。これって絶対後々トラブルになるんじゃ…。

      この企業の関連会社から、今度はスマホ用で同じような仕組みのものをどうですか?とまた勧誘があったそうです。

      今はもうまともなSEO会社はSEO/SEMじゃなくて、他の事業に乗り出してます。
      技術力もマーケティング能力もないところは、こんなインチキもどきの営業や怪しげなツールなんかをいまだに販売してるんですが騙されちゃだめですよ。

      悪質スパムブログ


      日頃から常々、他人のブログのRSSを取り込んだり、ツールを使って特定キーワードで文章を自動生成し自動投稿したりする質の低いコンテンツは死ね!って思ってるんですが、こうして出来たコンテンツはワードサラダといってGoogleからペナルティを受けて圏外へと飛ばされるのが通常ですが、なかにはどういうわけだか生き残ってるサイトもあるんですね。

      あくまでアフィリエイトや広告収入、詐欺サイトへの誘導が目的なんで中身は二の次でツールを使って大量生成してるんですね。Googleに怒られるまでに稼いじゃえ!みたいな感じで。

      例えば、ある芸能人に関するエッチなネタで検索したら
      「元○○○の有名アイドルがAVデビュー!動画あり!」みたいな感じです。
      クリックすると某アイドル関連の文字列が延々と続いてるんだけど文章としての意味を成していない。
      広告もいっぱい表示されていて、画面を下までスクロールするとようやくそれらしき画像をみつけて、「動画はこちらへ」をクリックすると詐欺サイトや出会い系サイトへ誘導される。

      こうしたサイトをスパムブログといいます。

      芸能関係やアダルト、FX必勝法、競馬必勝法、株式投資などが多いです。

      検索結果に出てきたからといって、怪しい文句に釣られてクリックし続けると、ウイルス格納サーバへと誘導されて、HDDが暗号化されてパソコンを乗っ取られたり(ランサムウェア)、偽銀行口座サイト画面が表示されたり、とんでもないことになる可能性もあるので注意してください。



      改めて選ぶSEOに必要なツール

      0
        昨今、Webサイトにおいて、これまで実施してきたSEO対策が逆効果となり、Googleにペナルティを受けたりとか、Google八分で検索順位を落とす事例が多くなっています。「一体何が正しくて、何が間違っているのか?」そこで改めてSEOに必要なツール群について整理してみたいと思います。

        主に無料版、もしくは有料ツールの体験版/一部無料版を中心に選びました。

        1.Google ウェブマスターツール
        いわずと知れた全てのWebサイト作成者が使うべきツール。
        ここに作成したサイトを登録しておけば、クロール過程でのエラー状況や自然言語検索結果のクリック率、バックリンクの状況などがわかる。Googleのガイド違反に抵触するような行為があった場合にも警告が来る。


        2.Bing ウェブマスターツール
        Microsoft の検索エンジン「Bing」を使っているユーザーは僅かだが、ここからのアクセスも少しはあるので登録しておいて損はない。Googleよりもクローラーが回ってくる回数も少ないので早めに登録しておこう。


        3.Google キーワードプランナー
        Googleが提供している検索キーワード調査ツール。Googleで検索されたキーワードの過去12ヶ月分の月間検索ボリュームやリスティング広告での推奨入札価格などが参照できる。


        4.Yahoo!キーワードアドバイスツール
        Yahoo!が提供している検索キーワード調査ツール。「Yahoo!検索」されたキーワードの月間検索数、推定平均CPCなどが参照できる。日本ではいまだに「Yahoo!検索」からの流入が多いのでGoogle キーワードプランナーよりも重要かも?。


        5.FerretPLUS
        キーワードチェックツールや競合サイト比較など各種SEO/SEMツールがある。一部有料版あり。


        6.MozCast
        Googleにおける検索順位の変動状況を提供している。
        自分のサイトのGoogleでの検索結果が大幅に変動した際に使う。
        それが自分のサイトだけなのか、他の同業者、同ジャンル全体で起きているのか?その判断のために使う。
        Googleは検索アルゴリズムの変更やアップデートをいちいち告知しないので、何かあったときに把握する必要がある。


        7.SimilarWeb
        競合分析ツール。指定したWebサイトのトラフィック状況、ソーシャルメディアでの言及数、流入元・流入先サイト名
        などのデータが参照できる。


        8.Majestic SEO
        リンク分析ツール。独自のクローラーを走らせてでWebサイトのバックリンク状況を表示する。
        「Google ウェブマスターツール」での参照可能なバックリンクには制限があるので、リンク分析ツールが必要となる。


        9.Screaming Frog SEO Spider Tool
        Webサイトのページごとのタイトルやmetaディスクリプション、ファイルサイズなどを一覧表示する。
        個人で作成するサイトの場合にはあまり関係がないが、例えば企業の各部署が勝手にページを作成するような場合、
        似たような記事を作成して重複コンテンツと判断される場合がある。個人サイトでも記事数が膨大なときに「あれ?前に同じようなこと書かなかったっけ?」と思うことがよくあるので、その際に使用する。



        2015年に向けてのホームページ作成手法まとめ

        0
          Googleのパンダアップデート、ペンギンアップデート以降、以前通用したSEOの手法がまったく効果がなくなり、新たなサイト作成手法を迫られることとなった。

          そこで、ここ数年で色々と試行錯誤したことのまとめ。

          無料ブログはそろそろやばい


          以前は通常の店舗や物販サイトのホームページを作成し、無料ブログで店長日記のようなものを更新してホームページにリンクを貼るという方法がデフォルトのSEOであった。中には複数の無料ブログからリンクを貼るサテライトブログという方法でリンクを稼ぐ手法も存在していた。

          しかし、現在はかえって危険な行為である。

          Googleは楽に手に入るリンクを好まない。むしろ無料ブログからのサイドバーやフッターからのテキストリンクはスパム扱いされる可能性もある

          無論、ブログランキングへの登録も同様。

          更に無料ブログでのコンテンツ作成自体もやばい。

          ここ数年で、無料ブログでのスパムコンテンツが大量に作成されている。特にアメーバブログとFC2に多い。
          アメーバブログも広告や外部リンクが多いのでGoogleからどう評価されるか?FC2は無法地帯であったが遂に警察のメスが入り会社自体が危なくなってきた。


          Wordpressでコンテンツを作成する


          では、無料サービスをやめてどこでホームページを作成するかというと、今は月250円でサーバーを借りられてWordpressが使える時代である。サイトデザインや構成に悩むくらいならWordpressで作成するのをおすすめします。おしゃれで今風のお店のサイトが作りたい!そんな場合も専門の書籍が出ていますから素材を使ってアレンジすればオリジナルのサイトが作れます。


          作成期間とコンテンツボリューム


          検索エンジンからの流入が上がってくるのはサイト開設から約3ヶ月後くらいです。
          記事数が多いにこしたことはないのですが、それまでに50記事(インデックス数ではない)程度は投稿したいです。もちろん、ひとつひとつの記事にはそれなりの文章量が必要です。もしなかなかインデックスされない記事があればいっそのこと削除しましょう。そしてさらに約3ヶ月ぐらいのアクセスをみて、コンテンツ作成を継続するかどうか判断します。


          スマホからのアクセスを考える


          ユーザーの閲覧環境に応じても見やすく自動的に最適化するレスポンシブウェブデザインを導入。

          記事内にバナーを設置する場合は、横幅は320px サイズ以内のものを指定する。YouTubeの動画も同様。

          参考:忍者Admax

          忍者AdMax

          youtube動画を貼り付けた場合、スマートフォンで見ると横幅320以上のサイズだとはみでてしまう。そこで、【class="movieif_smartphone_resize"】というタグをiframe箇所に追記すれば、スマートフォンで見た時に自動で最適化される。

          SEOに頼らないソーシャルからの流入


          自作自演リンクが通用しない昨今では、SEOに頼らずTwitterやFacebookなどソーシャルからの流入を考える。Twitterでサイトと関連する語句で検索をしてフォローしまくろう。但し、1日に5人まで。1日にフォローした数が多いと警告を受ける。数回、警告を受けるとアカウント停止処分になるので注意。

          「NAVERまとめ」も現在はまだ有効。但し、ブログへの流入目的だとはっきり判断されるような作りは運営から非公開扱いにされる。

          photo
          いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方
          安川 洋 江沢 真紀 村山 佑介
          インプレスジャパン 2014-02-17
          売り上げランキング : 3250
          評価

          by G-Tools , 2014/10/06


          ドロップシッピングやめてAmazonアフィリエイトでいいじゃん

          0
            何気にAmazonアソシエイトプログラムの管理画面で売り上げをチェックしてみたら、自分のブログとは全然関連のない、ちょっと意外な商品が売れていた。

            アフィリエイト

            自分のブログを訪問するユーザーは、ほぼ男性なんで、たまたま自分のブログ経由で売れたんだろうけど、シューズとバッグって売り上げの8%も還元してくれるんだね、と改めて気づく。それに比べて「電気シェーバー」の2%はなんて悲しいんだろう。

            実は、以前のアソシエイトプログラムは紹介料率が固定のスタンダードなプランと、月の出荷商品数に応じて料率が上がっていくパフォーマンスプランの2種類があった。

            しかし、新たに料率が改定されてすべてのカテゴリーが固定料率に変更になったんですね(2014年9月1日以降に生じた出荷、ストリームもしくはダウンロードされた分)。

            料率

            今回の改定で打撃を食らうのはパソコンや家電・ゲームなどの商品を紹介しているブログですね。パフォーマンスプランで最大8%だった料率が2%固定になりました。まあ、8%の料率を得るにはアホみたいな個数の売り上げがないと無理なんだけど2chまとめ系はショックでしょう。

            どうせ自分のブログからは本が主な売り上げでたまにCDやDVDが売れるくらいでたいして気にしてなかったんだけど、
            ファッション関係やコスメ、食品&飲料が8%も還元されるなら話が違ってくる。

            もしかして、「もしもドロップシッピング」で商品探して売るよりもAmazonの商品売った方がよくないか?と思うわけです。

            商品点数なんて比較にならないだろうし、だいたいカートはAmazonなので商品購入時の信頼性が大きい。コンビニ払いも出来るし、近所のローソンやファミマにも商品を運んでくれるので一人暮らしにも安心。送料も無料だし。「もしも」のカートだと、まあちょっと怪しいと思うユーザーだっているわけで…。

            それに月に1度Amazonへと誘導できれば、目的の商品がそのとき売れなくても、後日になってから売れればよいし、他の商品でもいいわけです。

            「もしも」でしか売っていない商品は仕方ないとして、ファッション関係やコスメ、食品&飲料系のブログをやっている方はAmazonの商品を売ったらいいと思いますよ。

            ほとんどの商品をAmazonで買ってるアフィリエイターさんも多いと思うので、購入した服をブログで披露するとか、
            お取り寄せした食品のレビューをするなんて方法もありますね。

            別に本当にAmazonで購入しなくても、コスメ、食品&飲料なら大抵のブランド商品はあるわけで、実際はドラッグストアで買ったとしてもレビューを買いてリンクを貼っておけばいいわけです。




            ドロップシッピングやめました

            0
              唯一、残していた「もしもドロップシッピング」の商品を売るサイトがあったんだけど、どうにも売れそうな商品が入ってこないし、これはいいかな?と思っても楽天市場やAmazonで買うよりも高かったりで、管理も面倒だしアクセスもそんなにないのでもういっそのことサイトごと削除しちゃいました。

              もしものアカウントは残してありますが、これからドロップシッピングのサイトを作ることはたぶんないと思います。

              やっぱりモノを売ろうとすると Google さんに「これって物販サイトじゃね?」と判断されて評価が低くなります。

              Google のパンダアップデート以降、物販と情報商材サイトは軒並み評価を下げました。

              なお、私はアフィリエイトサイトでパソコンレビューのブログを持ってるんですが、Windows XP のサポート切れの件もあって、今年3月の売り上げは百数十万円にもなりましたが、8月くらいからアクセス数が急激に減って売り上げはゼロ。

              リンクを増やしたわけでもなく、更新も定期的に行っていて、何もおかしなことをしていないのにアクセス数が激減したのは、やっぱり「物販サイト」という判断をされたからだと思います。カートのあるページへの直リンクは避けてたんですけど…。

              ちなみに、数年前「もしもドロップシッピング」のユーザーのなかでもトップクラスの売り上げを誇り雑誌にもとりあげられた個人で作ったとは全然思えない某物販サイトは完全に更新が止まっている様子ですね。

              どんなにデザインがよくオリジナルの文章で作成してインデックス数が多くても、やはり「物販サイト」は厳しいですね。下手なことをするとGoogle さんのパンダやペンギンにつかまって圏外に飛ばされてしまいます。今は無料ブログを作ってリンクを貼るのは意味がないというより自殺行為に等しいからそう被リンクも作れない。

              ニッチなキーワードでアクセスされる商品を狙え!といっても、そんな売れそうなモノは誰かが既に手をつけているからね。

              それにブログを新規に開設したってアクセスが上がってくるのは開始して3ヶ月後ぐらいなので、それまで記事更新を
              どれだけ定期的に継続して、なおかつコンテンツボリュームを増やすか?ってのは結構難しい問題。それだけ記事を増やせる素材をどこから持ってくるか?ってのも相当に悩みます。掲載したい商品が必ずしも定期的に入ってくる保証もないしね。

              とういうわけで、もう私にはドロップシッピングで売り上げをあげる方法がさっぱりわからなくなりました。

              それでも自分で商品を購入してレビューを書くブログでも作ればアクセスはあるんじゃないでしょうか?
              ダイエット器具でも購入して体験記を書いて日々更新していくとかね。これなら継続できるし、コンテンツのボリュームも増やせる。検索エンジンも「モノを売ることが目的のサイト」とは認識しないだろう。

              ただ、私はあくまでスキマ時間の作業でサイトを更新せざるをえないので

              そんな時間ねーよ!

              であきらめています。

              ぶっちゃけた話、儲からないドロップシッピングサイトを作る労力とランサーズなんかのクラウドソーシングで文章入力とかの単純な作業のアルバイトを比較すると、同じパソコン仕事なら後者の方がずっと売り上げが多いんじゃないか?と思います、というか後者の方が確実です。

              SEOに頼らないソーシャルからの流入というのもあるんでしょうが今のところまったく思いつかないです。
              数千のフォロワーや友人を作ることが出来ればまた違うと思うけど、そこからモノを買ってくれるか?は別問題。
              むしろ広告クリックで稼いだほうがいいんじゃ?と思います。物販目的だと「何だよ、結局宣伝かよ!」って思われるので。

              現在、私がやっているサイトで定期的にアフィリエイトの売り上げがあるのが、完全オリジナル文章の誰にもマネできないであろう内容のブログです。

              もの凄いニッチすぎるキーワードですけど数年間継続して更新していて中身は完全に自分で考えた文章でインデックス数は数百にもなります。

              とあるキーワードでGoogleやYahooの1ページ目には必ずいます。実はアクセス数は全盛期の1/3まで落ち込んでいるのですが、今でも定期的に商材が売れるし毎月Amazonで本やCDなんかを購入してくれる人がいます。

              ただし、アメーバなので大胆に広告が貼れないんですよね。これは本当に失敗したと思います。Amazonのタグくらいしか書けない。アドネットワークも rssadやMicroadという手もありますが、ニッチすぎるブログのジャンルの問題もあって内容にフィットしたまともな広告を表示しないんです。

              LivedoorやFC2などの他ブログに引っ越す手も考えましたが、重複コンテンツ問題はついてくるわけでSEO的にどうよ?という疑問もあり断念。

              それに比べてアダルトサイトはやっぱり強いです。こちらはアクセス数の割には成果が少ないんですけどね。
              コンバージョンが異常に低すぎ。「お前ら本当に無料アダルトコンテンツが好きなんだなぁ」と毎月思っています。
              ただアクセスされやすいキーワードさえ探してしまえば、サイトの更新はとっても機械的な単純作業ですむので楽です。

              アダルト関連のサービスはバリューコマースバナーブリッジのアフィリエイトASPで取り扱っています。
              アフィリエイトの成果がなくてもバリューコマースでは「バリューポイントクラブ」といって、Yahoo!ショッピングやポンパレモールなどの大手有名ショッピングモールのサイトが数多くあるので、ここ経由で各ショップで商品購入や予約や申込みを完了するとアフィリエイトと同等以上のポイントを貯められます。パソコンや家電を買ったり、じゃらんで旅行の申し込みをすれば数千円キャッシュバック、飲料や食品まとめ買いでもかなり安く購入できるので利用してみてはどうでしょうか?楽天市場、Amazonで買うよりもリクルートが運営する「ポンパレモール」で購入した方が安い場合があります。購入するとリクルートポイントが貯まり、これはPontaポイントにも移行することが出来るのでダブルで大変お得です。

              クリック保証広告ASPも Google Adsense はアダルトNGなので使えませんが、忍者Admaxが利用可能です。

              バリューコマースのADPRESSOもあります。



              << | 3/30PAGES | >>

              携帯スマホクリック保証広告

              忍者AdMax


              バリューコマースが提供するスマートフォン向けアドネットワーク 「ADPRESSO」

              twitter

              おすすめレンタルサーバー

              アフィリエイトSEO他



              アフィリエイトASP




              iPhone & Android スマートフォンサイト制作の教科書

              これからはじめる SEO内部対策の教科書


              アフィリエイト収入の振込口座

              selected entries

              categories

              profile

              search this site.

              PR

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM