スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.02.01 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    やっぱり出てきたセキュリティアプリ勧誘悪質広告

    0
      世の中SEOが通じなくなると仁義もモラルもない商法を考え出すというお話をします。

      中国の検索エンジンBaidu(百度/バイドゥ)が提供する「Hao123」という無料のソフトがあって、これをインストールするとブラウザのスタートページが「Hao123」になって、TwitterやYouTube、Facebook、mixiなどの各種SNSやamebaやLivedoorなどポータルサイトなんかにもアクセスできるランチャーっぽいページが表示されて、一瞬便利そうに思えるものなのですが、実はこれ一旦インストールすると普通の人では元に戻せません。

      新しいタブを開くたびにコイツが出てくる、しかもブラウザの設定で元に戻そうとしても、再起動してもやっぱりスタートページが「hao123」。

      そして「あなたのパソコンにトラブルがありますよ脅迫詐欺広告」が表示されるページに誘導されます。

      ・あなたのPCのパフォーマンスが低下しています
      ・あなたのPCには多数の問題点があります

      みたいなメッセージ広告ですね。

      知らない人、パソコンに疎い人なんかはセキュリティソフトを買わされるハメになるわけです。
      セキュリティソフトをインストールしても「脅迫詐欺広告」は消えないという。

      Baidu(百度/バイドゥ)以外にもいくつかあるんですよね。

      そして作家の志茂田景樹さんがTwitterで悲鳴を上げました! 志茂田さんが使用しているパソコンに思わぬ事態が発生し、フォロワーに助けを求めているのです。こ、これは!



      しかもこれ、インターネットセキュリティソフトでもマルウェアとして感知してくれません。ただ「脅迫詐欺広告」ページを表示してるだけですからね。

      似たようなものに search.conduit.com があって、DivXをアップデートしたらブラウザのツールバーが勝手にインストールされるっていう悪質なのもあります。

      評判の悪さでたいへん定評のあるBabylon Toolbar(バビロンツールバー)で有名な中東イスラエルの翻訳ソフト開発会社Babylonが提供するDelta Searchはもっと悪質。ブラウザの検索エンジンや起動時に開くホームページがいつのまにかDelta Searchになり、しかも普通の人は削除さえ出来ません。ブラウザの設定で元に戻しても復活します。削除するにはレジストリをいじくらなければならないという困難さ。専用の削除ツールを作った人がいるのでそれにお世話になることで解決します。

      Baidu(百度/バイドゥ)は他にも問題があって、

      中国ソフト「バイドゥ」漏洩続出 脆弱なサイバー攻撃への備え

      バイドゥ日本法人は、漢字などへの変換機能の精度向上が目的とし、クレジットカード番号やパスワードなど半角数字の情報は送信していないと釈明した。
      だが、ネットワークセキュリティー業のネットエージェント(東京)によると、ネットにアクセスする際のIDやパスワードも送信されていたという。
      中国はネットワーク監視に熱心な国だ。中国に駐在する日本人の間では、バイドゥIMEによる個人情報の収集は周知の事実として、以前から使用を避けていたという。
      航空自衛隊でセキュリティー対策に従事した経験を持つサイバーディフェンス研究所上席分析官の名和利男氏は「どう考えてもバイドゥは故意犯。入力情報は日本国内のサーバーに送ったと主張するが、本国に送られたと思わざるを得ない」と指摘する。


      こえー、こえーわ!

      さすが中国。モラルもへったくれもありません。

      Baidu(百度/バイドゥ)はパソコンでの話しなんですが、そのうちスマホでも似たようなものが出るだろうと思ったらやっぱり出てきました。

      Kingsoftがやらかしました。

      ごくごく普通のサイトなんですが、
      『あなたのAndoroidは、最後のアダルトサーフィン中に致命的なトロイの木馬ウイルスにさらされていた。』という広告が表示されるんです。

      タップしてみればKingsoftのモバイルセキュリティアプリをインストールする画面が出てくるという仕組みです。

      Kingsoftはこれをアドネットワーク業者が不正に広告収入を得ようとしたという見解で逃げていますがふざけんなって話ですよね?悪質業者を特定するべく『問い合わせフォーム』からリンクURLを送ってもらうフォームを儲けたりしてますが、アドネットワーク業者を問い詰めた方が早いと思うんですが…。

      皆さんもサイトにアクセスしてこんな広告が表示されたとしても慌てないようにしましょう。

      そして無料だからといって何でもかんでもアプリをインストールするのはやめましょう。

      またブラウザのchromeの拡張機能やFirefoxのプラグインに潜ませて、知らないうちに「脅迫詐欺広告」ページを表示するものもあるので、注意しましょう。誘導するサイトは動画をダウンロードするプラグインの紹介だったりします。これもセキュリティソフトでもマルウェアとして感知してくれません。何か変な広告が出るなぁと思ったら、最近導入した拡張機能やプラグインは削除しましょうね。



      スポンサーサイト

      0
        • 2017.02.01 Wednesday
        • -
        • 21:40
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク


        携帯スマホクリック保証広告

        忍者AdMax


        バリューコマースが提供するスマートフォン向けアドネットワーク 「ADPRESSO」

        twitter

        おすすめレンタルサーバー

        アフィリエイトSEO他



        アフィリエイトASP




        iPhone & Android スマートフォンサイト制作の教科書

        これからはじめる SEO内部対策の教科書


        アフィリエイト収入の振込口座

        selected entries

        categories

        profile

        search this site.

        PR

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM