スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.02.01 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    2014年のSEO

    0
      昨年のパンダアップデート、ペンギンアップデートや、最近の Google の動向を見ると、もう姑息な手段は通用しないし、むしろ危険な感じさえします。

      そこで、サイト作成にあたってこんな感じでいけばいいのでは?という私なりの見解を述べてみたいと思います。

      (1)無料ブログからのリンクを控える
       以前、アメブロからの店舗名でのリンクで警告を受けた話をしましたが、無料ブログからの大量のリンクはむしろ危険でさえあります。すべてに警告の危険性があるとは思えませんが、文章中にひとつなど控えめなリンクに留めておくべきだと思います。ブログのサイドバーへの羅列、下部でのテキストリンクの羅列なども避けたほうが無難です。

      (2)ブログランキングや自動リンク作成ツールからの撤退
       安易に手に入れることの出来るリンクに何の価値もないことが証明されました。相互リンクするブログパーツなどのツールも外したほうがいいでしょう。

      (3)とりあえず1年は続けてみる
       Google のサイトに対しての評価のテンデレ期間はとても長いです。最初のうちはアクセスがあったのに数ヶ月沈黙を続けたのち、アクセスが急増したようなケースもあります。
      とりあえず1年は続けてみたほうがいいんじゃないでしょうか?

      また、それほどアクセスが増えなくても続けることで何かのタイミングで売れてしまうこともあります。

      例えば、私がやっていたパソコン関連のブログですが、WindowsXP のサポート終了の買い替えタイミングである4月にブログを通してパソコンが滅茶苦茶売れました。

      (4)モチベーションが保てるネタを選ぶ
       とりあえず1年は続けられて、定期的に更新できるようなモチベーションが保てるネタを選ぶ。

      (5)無料ブログの利用はさける(特にあのブログ)
      あの無料ブログがやばい?件」の記事を参照

      (6)ライバルに無料ブログが多かったらチャンス?
       狙っているキーワードの検索上位サイトに無料ブログが多い場合はチャンスかもしれません。
      更新が止まっていたり、運営年数がさほどでなかったり、コンテンツボリュームが少ない場合はチャンスです。

      マジメにコツコツと続けていけば、無料ブログに勝てるときが現れるかもしれません。

      (7)SEOばかりに頼らない
       SNSやFacebookなどのソーシャル、はてなブックマーク、NAVERまとめなどからの流入を考える。



      スポンサーサイト

      0
        • 2017.02.01 Wednesday
        • -
        • 14:08
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク


        携帯スマホクリック保証広告

        忍者AdMax


        バリューコマースが提供するスマートフォン向けアドネットワーク 「ADPRESSO」

        twitter

        おすすめレンタルサーバー

        アフィリエイトSEO他



        アフィリエイトASP




        iPhone & Android スマートフォンサイト制作の教科書

        これからはじめる SEO内部対策の教科書


        アフィリエイト収入の振込口座

        selected entries

        categories

        profile

        search this site.

        PR

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM