スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.02.01 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ロリポップのレンタルサーバーで WordPress を使う際やるべきことまとめ

    0

      (1)インストールと独自設定


       インストールは、ロリポップの「簡単インストール」機能を使う。
      この場合、任意のフォルダ(例:wp)の中にインストールすることになるので、サイトのURLは http://○○○.jp/wp にアクセスしなければならないことになる。ルートドメインで使いたいので各種設定が必要。

      ・WordPress の一般設定から下記を指定
      WordPress アドレス (URL):「http://○○○.jp/wp」
      サイトアドレス (URL):「http://○○○.jp」

      ・FTP で wp フォルダの中に「index.php」があるので、これをダウンロード(消さない)。
      ・「require(‘./wp-blog-header.php’);」を、「require(‘./wp(任意のフォルダ)/wp-blog-header.php’);」に書き換える。
      ・書き換えた「index.php」を、FTP内「/」直下にアップロード。

      index

      (2)テーマの選択


       テーマ(デザインテンプレート)は無料で配布している「BizVektor」を使用した。かなり細かく設定できてSEO的にもよい部分がたくさんあり、かなりの出来だと思う。パンくずリストも作ってくれる。スマートフォンや携帯にも自動的にサイズ調整して表示してくれる。

       bizvektorフォルダを wp(任意のフォルダ)/wp-content/themes フォルダ内にアップロード。

      テーマ

      (3)デザイン設定その他


       BizVektor のテーマは流れに沿って設定していけばちゃんと見栄えのよいものになるよう作られている。特に難しいところはない。

      BizVektor

      ・パーマリンクの設定
       パーマリンクはURLの形を決める大事な設定だ。色々あるが「投稿名」がいいだろう。カテゴリ名を足す案もあるが、場合によってはURLが長くなるのでパーマリンク /%postname%/ とした。

      ・タイトル指定の変更
       BizVektor の場合 title の部分は、デフォルトだと「記事タイトル | カテゴリー | ブログ名」となっていてちょっと複雑です。タイトルが長くなるとSEO的によくないのでここを変更してみます。

      記事タイトルだけにするかブログ名まで含めるかは意見の分かれるところでしょうが、今回は「記事タイトル | ブログ名」とシンプルにしてみます。

      変更ファイルは、親テーマ内 inc フォルダ内にある theme-options.php です。

      FTPでダウンロードして、エディタで開き「get_the_title」 で検索します。

      ".$category[0]->cat_name." | の部分です。カテゴリーを付加している記述の部分をカットします(行削除ではない)。

      FTPで theme-options.php を上書きします。

      ・投稿設定
      「更新情報サービス」欄で ping 送信先を指定。おまじないみたいなものだが下記を記述する。
      http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
      http://ping.fc2.com/
      http://rpc.reader.livedoor.com/ping
      http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
      http://rpc.weblogs.com/RPC2
      http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
      http://ping.myblog.jp/
      http://rpc.pingomatic.com/
      http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2

      (4)プラグインの追加


      ・Google XML Sitemaps v3 for qTranslate
       sitemap.xmlを自動的に作成してGoogleとBingに通知してくれる。

      ・PS Auto Sitemap
       こちらは人間が見る用のサイトマップ。自動的に作成してくれる。

      ・Quick Adsense
       Google Adsense や Ninja Admax などの広告を記事内などに自動的に挿入してくれる。

      ・WP SlimStat
       高機能なアクセス解析ツール。

      ・WP Super Cache と DB Cache Reloaded
       WordPress はデータベースにアクセスしてPHPでHTMLを生成する為、どうしても表示が遅くなる。それを回避するため、キャッシュにページを貯めておいて、アクセススピードを上げる。

      ※ロリポップのサーバーの場合、ここで失敗します。

       ロリポップは以前、wp-config.php の脆弱性を突かれて攻撃にあっているので、このファイルの属性を400にしています。その為、WP Super Cache の設定がうまくいきません。一時的にこのファイルの属性を666に変更します。また、wp-content フォルダの属性を755から777に変更します。WP Super Cache のインストールと設定が終わったら、元の属性に戻します。

      ・All in One SEO Pack
       あまりいらないかも?名前ほど威力があるわけではない。但し、問い合わせフォームやちょっとしたお知らせなど、「Googleにインデックスされたくないが、リンクとしては通って行ってね!」というページが存在する場合、
      noindex,follow の meta タグの記述をページ毎に設定できるので、一応インストールしておく。

      ・WordPress Related Posts
       関連する記事一覧をページに表示するツール。但し、ある程度記事数がないと確実にバグるので注意。

      (5)Web マスター ツールにサイトを追加


      Google web master tool、Bing Web マスター ツール の2つ。
      認証には meta タグの追加ではなく、認証用htmlをアップロードする。

      (6)専用Twitterアカウントを利用


       同じジャンルのアカウントをフォローする。但し、1日に数十人もフォローするとアカウント凍結されるので注意。
      記事作成の際のTweetには短縮URLを使う。短縮URLには topicon を使い広告費を稼ぐ。


      スポンサーサイト

      0
        • 2017.02.01 Wednesday
        • -
        • 17:49
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク


        携帯スマホクリック保証広告

        忍者AdMax


        バリューコマースが提供するスマートフォン向けアドネットワーク 「ADPRESSO」

        twitter

        おすすめレンタルサーバー

        アフィリエイトSEO他



        アフィリエイトASP




        iPhone & Android スマートフォンサイト制作の教科書

        これからはじめる SEO内部対策の教科書


        アフィリエイト収入の振込口座

        selected entries

        categories

        profile

        search this site.

        PR

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM