スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.02.01 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    WordPress専用クラウドホスティング【COREPRESS Cloud】

    0

      【COREPRESS Cloud】高速・高機能なWordPress専用クラウドホスティング

       

      「COREPRESS Cloud(コアプレスクラウド)」はWordPressに特化した、クラウドホスティングです。

       

      ●月額500円から利用できる、WordPress専用クラウド型ホスティング
      ●10日間の無料お試しあり
      ●ステージング環境やバックアップ・リストア機能などが装備
      ●高速・高パフォーマンス
      ●VALUE-DOMAINとの連携で、独自ドメインのサイト運営が可能

       

      Fusion-io Drive採用で超高速。
      ステージング環境やバックアップ・リストア機能などが標準装備、
      また、自動アップデートや不正ログイン防止など、セキュリティ面も安心です。

       

      基本料金は月額500円(税別)から、さらに初期費用無料の、高速・高機能な格安なサーバーサービスです。 10日間の無料お試しもございますので、お気軽にお試しいただけます。

       

      高速・高機能なWordPress専用クラウドホスティング【コアプレスクラウド】
      月額500円からと格安!ステージング環境やバックアップ機能などが装備、セキュリティ対策も万全

      EC運営に強いコンサルタントによる専門的なメディア設計・構築
      システム構築不要、直感的UIで初心者でも運用可能なツール
      独自のライターネットワークで質の高いコンテンツを提供

      JUGEMテーマ:携帯アフィリエイト


      月額150円〜でWordPressが使える!【リトルサーバー】

      0
        安価なレンタルサーバー ・格安サーバーには不満があるが、なるべく費用を抑えたい ・コストパフォーマンスに優れたレンタルサーバーを検討中 ・低価格でいろいろな事にチャレンジしたい リトルサーバーは「お手ごろ価格で快適に」と合言葉にコストパフォーマンスを追求したレンタルサーバーです。 リトルサーバーは「お手ごろ価格で快適に」と合言葉にコストパフォーマンスを追求したレンタルサーバーです。 月額150円〜でほぼ一通りの事が行えますので、データベースを必須とするWordPressの運営や無制限のマルチドメインをご利用頂けます。 無料お試し期間が10日間ございますので、是非この機会にお試しくださいませ。 WordPressが月額150円からご利用可能で、コントロールパネルから簡単に自動インストールが行えます。

        レスポンシブ対応ワードプレステーマ【Grazioso】

        0
          フラットデザインの機能美をご堪能ください!
          レスポンシブ対応ワードプレステーマ「Grazioso」


          最先端のフラットデザイン! 高機能ワードプレステーマ『Grazioso』
          最先端のスマホ集客に特化!

          ワードプレステーマ『Grazioso』(グラツィオーソ)は、 スマホ集客に最適な高機能テーマ(テンプレート)商品です。 最新の「フラットデザイン」を駆使した美しい表示形式と アニメーション効果には、きっと多くの方が驚かれるはずです。

          ご存じの通り、昨今ではスマートフォンの爆発的な普及に伴って 「スマホからの集客」に繋がる製品の需要が非常に高くなっており、 各種製品・サービスの販売者だけではなく企業のオフィシャルサイトや アフィリエイター、そして個人のブログサイトに至るまで 「スマートフォンからのアクセスを獲得できるようなウェブサイト」を 簡単・手軽に低コストで構築できる仕組みが求められています。

          iphone 6 の公式サイトを一度ご覧頂くと分かるのですが… 余計な広告やサイドバーを一切無くし、画面いっぱいに広がる フラットデザインによって、抜群のPR効果を実現しています。 1カラム・フラットデザインによるウェブサイトを、 世界市場を席巻している超一流企業が採用しているのです! (この事実によって、集客効果は実証済みと言えるでしょう) 今までは手が届かなかったフラットデザインのウェブサイト構築を ワードプレステーマ『Grazioso』なら簡単に実現することができます。





          [PR] ドメイン使うなら『お名前.com レンタルサーバー』

          0
            お名前.comはSEOに特化したWordPressのテンプレート「賢威」が利用できる、共用サーバーとセットの「賢威パッケージプラン」を提供中です。
            お名前.com レンタルサーバーのWordPressかんたんインストール機能とともにご利用いただくことで、すぐにコンテンツ作成にとりかかれます!

            ┯━━━★ ドメイン使うなら『お名前.com レンタルサーバー』★━━━━┓

            ┼┼ 【マルチドメイン無制限・超大容量HDD100GB〜・月額900円(税抜)〜 】
            ┼┼
            ┼┼  直感的な使いやすさと、圧倒的なパフォーマンス ────────
            ┼┼  必要なものは全てそろった新しいレンタルサーバーの登場です
            ┼┼
            ┼┼  ○スペックUPで超大容量100GB・データベースMySQL 無制限に!○
            ┼┼
            ┼┼  ------------------------------------------------------------
            ┼┼  ▼ 新機能「DNSレコード設定」によりGmailで独自ドメインを利用
            ┼┼  ------------------------------------------------------------
            ┼┼  ▼ Movable Type , Word Pressなどの人気アプリも利用可能
            ┼┼  ------------------------------------------------------------
            ┼┼  ▼ Perl,PHP,Ruby,Python,MySQL対応 共用SSLも標準装備
            ┼┼  ------------------------------------------------------------


            ■ 賢威とは
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            賢威は、京都のWebコンテンツ制作会社ウェブライダーが開発した、SEOに特化したWEBテンプレートセットサービスです。
            ウェブライダーが培ったSEOノウハウが凝縮されたSEOテーマの決定版といえます。

            ウェブライダーは、Googleの目指す方向に沿ったSEOノウハウをベースに、
            いわゆるビッグワードと呼ばれる激戦キーワードで様々なサイトを見事に上位表示させてきました。

            賢威は、SEOテンプレートだけでなく、ウェブライダー式SEOが学べる
            SEOマニュアル、そして、テーマのカスタマイズ方法などをサポート
            してもらえる「サポートフォーラムの利用権」が付属しています。


            ■ お名前.com レンタルサーバー賢威パッケージなら全て解決!
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            お名前.comレンタルサーバーでは、今回の提供開始とともに、賢威パ
            ッケージプランとして、「賢威」と「お名前.com 共用サーバー」を
            セットでお申込みいただけるようにしました!

            低価格・高機能なお名前.comの共用サーバーと賢威を一緒にお申込み
            いただければ、お申込みから最短1時間以内に、賢威を使ったWeb制作
            に取りかかることができます!





            WordPress専用高速サーバー GMOWPCloud

            0
              高速化、セキュリティ対策、アップデート、面倒なことは全ておまかせ。

              ・フラッシュストレージFusion-io ioDriveを使用した超高速WordPress専用環境
              ・突然のアクセス増加に対応するオートスケールと安心の無料バックアップ/リストア機能
              ・1Clickで作成できる環境とWordPressサイトを簡単に複製できるWebサイトコピー
              ・よく使われる便利な機能を簡単追加できるオリジナルプラグイン

              月額900円、初期費用無料、ディスク容量10GB、訪問者数30,000人/月、データ転送量無制限。

              ディスク容量10GB追加:100円/月
              訪問者数1,000人超過:100円/月
              独自SSL:24,000円/年
              固定IPアドレス 200円/月

              ■24時間365日電話サポート
              初めてサーバーを使用される方でも、24時間365日無料の電話サポートがあるのでトラブル時にも安心。

              ■デフォルトプラグイン
              便利な機能を揃えたGMO WP Cloud独自のプラグインやJetpackなどを予め実装。

              ■利用履歴
              訪問者数、転送量、帯域などをグラフで表示。また、それらのデータはCSV形式で
              ダウンロードすることができます。

              ■ステージング環境
              本番サイトと同じステージングサイトを用意しています。
              サイトの公開前に動作を確認することができます。
              本番、ステージングの双方向からサイトコピーに対応しています。

              ■キャッシュ設定
              オリジナルのキャッシュシステムを搭載。
              キャッシュクリア/システムOFFにも対応しているので、柔軟な運用が可能です。

              ■SFTP
              本番、ステージング、それぞれの環境で個別に複数のアカウントを発行できます。
              サイト作成を外注する場合など、安心してサーバー環境を共有することができます。

              ■phpMyAdmin
              コントロールパネルからデータベースをブラウザで管理。

              ■エラーログ
              本番サイトとステージングサイトの両環境についてnginxとPHPのエラーを5日前まで遡って確認できます。

              ■サイトコピー
              GMO WP Cloudですでに公開されているWordPressサイトを簡単にコピーできます。

              ■バックアップ
              1日1回の自動バックアップと任意のタイミングでのバックアップ機能を無料で利用できます。
              万が一の際には、それぞれのバックアップデータからリストアが可能です。
              自動バックアップは14日間データを保持しています。

              ■オートスケール
              突発的にトラフィックが増加した場合でも、サービス側が自動対応し、快適なサイトアクセスを可能にしています。

              ▼▼10日間無料トライアルで実感を▼▼






              WordPressが使えるおすすめレンタルサーバー

              0
                 いずれも「簡単インストール機能」がついて、お試し期間もあります。また、バックアップサービスもあります。
                「バックアップなんて必要?」と思われる方もいるでしょうが、かって「ファストサーバー」というレンタルサーバーではディスク故障でバックアップを取っていなかった為、ユーザーのサイトの全データが消失したという事件がありました。

                (1)ロリポップ!
                 超お手頃低価格初心者向けサービスです。ドメインを取得しなくてもロリポップの持っているドメインのサブドメイン方式をとることが出来ます。
                WordPressが使えるプランでは、容量 50GB、初期費用 1,500円、月額 250円〜、自動バックアップ機能 300円(税抜)です。

                (2)ヘテムル
                 大容量16GBメモリ/Xeon6コアCPU搭載のハイスペックサーバーを使用。データベースサーバーにはSSDを採用しCMS利用時のDB高速化を実現しています。
                ディスク容量 256GB、初期費用 3,950円、月額 1,000円〜、自動バックアップ機能 700円(税抜)。

                (3)wpXレンタルサーバー
                快適なWordPress運営が行えるよう、「独自の高速化システム」、「最新の高性能サーバーマシン」、「1Gbps接続の国内高速ネットワーク」、また、リバースプロキシによるキャッシュ処理等、豊富なWordPress運用実績に基づいた様々な高速化技術を導入しており、常に軽快に動作する環境を整えています。WordPressの使用に特化したレンタルサーバーです。14日間分のデータを保持しておく自動バックアップ機能は標準です。
                ディスク容量 100GB、初期費用 2,500円(6/30 18:00まで)、月額 1,000円〜(税抜)。


                一応、参考までに、WordPress はデータベースを使用しているので、データのエクスポートは簡単です。データベースを使用すると言っても、中身はテキストですからそれほど容量を食うことはありません。

                ディスク容量を食うとしたら、画像や映像コンテンツなどに限られます。

                上記サービスは WordPress以外でも通常のホームページのレンタルサーバーとしても使えますし、メールアカウントもついてきます。

                但し、サイトの引越しに使用する場合は、多少注意が必要です。

                もし、あなたのサイトが超人気サイトで1日数万人もの利用者があるとします。すると以前は問題なく利用できていたのに、引越し先の環境ではページ自体が表示されないという場合も出てきます。いわゆるトラフィックに耐え切れない状況です。もしそんな人気サイトをお持ちの方は、引越しの際は一度サービス会社のサポートに相談した方がいいと思います。



                ロリポップのレンタルサーバーで WordPress を使う際やるべきことまとめ

                0

                  (1)インストールと独自設定


                   インストールは、ロリポップの「簡単インストール」機能を使う。
                  この場合、任意のフォルダ(例:wp)の中にインストールすることになるので、サイトのURLは http://○○○.jp/wp にアクセスしなければならないことになる。ルートドメインで使いたいので各種設定が必要。

                  ・WordPress の一般設定から下記を指定
                  WordPress アドレス (URL):「http://○○○.jp/wp」
                  サイトアドレス (URL):「http://○○○.jp」

                  ・FTP で wp フォルダの中に「index.php」があるので、これをダウンロード(消さない)。
                  ・「require(‘./wp-blog-header.php’);」を、「require(‘./wp(任意のフォルダ)/wp-blog-header.php’);」に書き換える。
                  ・書き換えた「index.php」を、FTP内「/」直下にアップロード。

                  index

                  (2)テーマの選択


                   テーマ(デザインテンプレート)は無料で配布している「BizVektor」を使用した。かなり細かく設定できてSEO的にもよい部分がたくさんあり、かなりの出来だと思う。パンくずリストも作ってくれる。スマートフォンや携帯にも自動的にサイズ調整して表示してくれる。

                   bizvektorフォルダを wp(任意のフォルダ)/wp-content/themes フォルダ内にアップロード。

                  テーマ

                  (3)デザイン設定その他


                   BizVektor のテーマは流れに沿って設定していけばちゃんと見栄えのよいものになるよう作られている。特に難しいところはない。

                  BizVektor

                  ・パーマリンクの設定
                   パーマリンクはURLの形を決める大事な設定だ。色々あるが「投稿名」がいいだろう。カテゴリ名を足す案もあるが、場合によってはURLが長くなるのでパーマリンク /%postname%/ とした。

                  ・タイトル指定の変更
                   BizVektor の場合 title の部分は、デフォルトだと「記事タイトル | カテゴリー | ブログ名」となっていてちょっと複雑です。タイトルが長くなるとSEO的によくないのでここを変更してみます。

                  記事タイトルだけにするかブログ名まで含めるかは意見の分かれるところでしょうが、今回は「記事タイトル | ブログ名」とシンプルにしてみます。

                  変更ファイルは、親テーマ内 inc フォルダ内にある theme-options.php です。

                  FTPでダウンロードして、エディタで開き「get_the_title」 で検索します。

                  ".$category[0]->cat_name." | の部分です。カテゴリーを付加している記述の部分をカットします(行削除ではない)。

                  FTPで theme-options.php を上書きします。

                  ・投稿設定
                  「更新情報サービス」欄で ping 送信先を指定。おまじないみたいなものだが下記を記述する。
                  http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
                  http://ping.fc2.com/
                  http://rpc.reader.livedoor.com/ping
                  http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
                  http://rpc.weblogs.com/RPC2
                  http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
                  http://ping.myblog.jp/
                  http://rpc.pingomatic.com/
                  http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2

                  (4)プラグインの追加


                  ・Google XML Sitemaps v3 for qTranslate
                   sitemap.xmlを自動的に作成してGoogleとBingに通知してくれる。

                  ・PS Auto Sitemap
                   こちらは人間が見る用のサイトマップ。自動的に作成してくれる。

                  ・Quick Adsense
                   Google Adsense や Ninja Admax などの広告を記事内などに自動的に挿入してくれる。

                  ・WP SlimStat
                   高機能なアクセス解析ツール。

                  ・WP Super Cache と DB Cache Reloaded
                   WordPress はデータベースにアクセスしてPHPでHTMLを生成する為、どうしても表示が遅くなる。それを回避するため、キャッシュにページを貯めておいて、アクセススピードを上げる。

                  ※ロリポップのサーバーの場合、ここで失敗します。

                   ロリポップは以前、wp-config.php の脆弱性を突かれて攻撃にあっているので、このファイルの属性を400にしています。その為、WP Super Cache の設定がうまくいきません。一時的にこのファイルの属性を666に変更します。また、wp-content フォルダの属性を755から777に変更します。WP Super Cache のインストールと設定が終わったら、元の属性に戻します。

                  ・All in One SEO Pack
                   あまりいらないかも?名前ほど威力があるわけではない。但し、問い合わせフォームやちょっとしたお知らせなど、「Googleにインデックスされたくないが、リンクとしては通って行ってね!」というページが存在する場合、
                  noindex,follow の meta タグの記述をページ毎に設定できるので、一応インストールしておく。

                  ・WordPress Related Posts
                   関連する記事一覧をページに表示するツール。但し、ある程度記事数がないと確実にバグるので注意。

                  (5)Web マスター ツールにサイトを追加


                  Google web master tool、Bing Web マスター ツール の2つ。
                  認証には meta タグの追加ではなく、認証用htmlをアップロードする。

                  (6)専用Twitterアカウントを利用


                   同じジャンルのアカウントをフォローする。但し、1日に数十人もフォローするとアカウント凍結されるので注意。
                  記事作成の際のTweetには短縮URLを使う。短縮URLには topicon を使い広告費を稼ぐ。


                  WordPress を使ってみました

                  0
                    どうも、最近 Google が無料ブログに対して冷たいような気がしてます。
                    というのも、もう何年も運用しているブログの新規記事がインデックスされなかったり、インデックスされるのが遅かったりしています。

                    もちろん、記事はオリジナルでそれなりの文章量があるにも関わらず…。特にあの無料ブログなんかは広告数が多過ぎで、何もしなくても外部リンクがいっぱいだったりします。

                    無料ブログの欠点として、同じ無料ブログサービスで似たようなコンテンツが重複した場合に、検索結果に表示されない場合があります。例えば、『○○の競馬予想』なんてタイトルのブログがあったとして、「皐月賞 予想」と検索しても、同じブログサービスで他に競馬予想のブログがあれば、重複コンテンツとして認識されて、圏外にはじかれてしまうこともあります。

                    いくら良記事を作成したとしても、同じドメインの中に無数ある他サイトのコンテンツと少しでも内容がかぶると判断される可能性があるのはよくないです。特にあの有名ブログサービスなんかは今はもうわけわからん飽和状態のような…。meta タグの description 記述なんかも適当すぎる。

                    今まで、無料ブログをいっぱい使ってきましたが、色々と問題があるような気がしてきたので、有料のレンタルサーバーを借りて、WordPress での作成にチャレンジしてみました。

                    WordPress はずっと前からやってみたくて、無料で作成できるサービスもあるんですが、容量や使えるプラグインが限定されたりして、使い勝手がよくなくて敬遠していたのです。

                    というわけで WordPress 導入の簡単なまとめです。

                    1.レンタルサーバーを決める
                    というわけで、今回は初のお試しなので、レンタルサーバーは気軽にやれる「ロリポップ!」を選びました。

                    月額250円です。安くなったなぁ…これなら失敗サイトになってもそんなに痛くはありません。もっと早く導入すればよかった。

                    お試し期間が10日あるので、何かトラブルがあっても解約できます。

                    ドメインはロリポップで持ってるドメインのサブドメイン方式をとりました。
                    好きなドメインを使いたい場合は、ロリポップと同じ会社の ムームードメイン こちらを利用すると、設定がスムーズに行えます。

                    本格的にやりたい方は WordPress の使用に特化したwpXサーバーがオススメです。


                    2.インストール
                    WordPress を使うにはインストールしなきゃいけないんですが、「簡単インストール」機能があるのでマッハで終了します。

                    3.テンプレートと各種設定
                    WordPress には、無料ブログと同じように配布されているデザインテンプレートが沢山あります。ここでは「BizVektor」を選びました。このテンプレートは各種設定を細かくこのテンプレートの指示に従って、順番に設定していきます。特に設定で難しいことはありません。

                    【バナーブリッジ】さんでもデザインテンプレートを配布しています。

                    4.プラグインの導入
                    WordPress には、便利なプラグインが沢山あります。最初なのでとりあえず以下のものを導入しました。
                    ・Google XML Sitemaps v3 for qTranslate
                    ・PS Auto Sitemap
                    ・Quick Adsense
                    ・WP SlimStat
                    ・WP Super Cache
                    ・DB Cache Reloaded
                    ・All in One SEO Pack

                    ■ WordPress の利点
                    1.余計な重複コンテンツを生成しない
                     純粋に記事だけをインデックスさせることが出来ます。例えば、ブログでよくあるカレンダーやカテゴリ、次のページなどは、URLが違うだけでコンテンツの中身は同じという場合があります。これはさすがに Google もちゃんと判断してくれるとは思いますが、余計なインデックスが膨大に増えるのを避けることができます。

                    2.meta タグの description 記事ごとに変更する
                     無料ブログの中には、ここが変更できなかったり、似たようなものになってしまいます。無料ブログで description の行を削除してもいいんですが、wordpress では記事内容の先頭から文章をピックアップして表示するので重複した表現にはなりません。

                    3.関連する記事の一覧を表示できる
                     プラグインで、今見ている記事に関連する記事の一覧を表示できるので、大変便利です。

                    4.人気記事の一覧を表示できる
                     プラグインで、アクセス数の多い人気記事の一覧を表示できるので、いい記事なんだけどページをかなりさかのぼって見つけにいかなければならない悲劇を回避できます。

                    5.サイトマップページ
                     プラグインで、サイトマップページを自動的に作成、更新してくれます。

                    6.先頭ページを固定できる
                     ブログでは最新の記事が先頭ページである場合が多いですが、一番最初のページを固定することが出来ます。


                    ■ WordPress の良くない点
                    1.トラブルと大変
                     無料ブログだと、トラブルがあってもサポートがあったり、フォーラムを頼りに出来ますが、WordPress は一度導入してしまえば、何かあればそれは自分で何とかするのが基本です。実は、私も一度ページにアクセス出来ない状況になってしまいました。これは大抵、プラグインが悪さをしているので、FTPで怪しいプラグインをフォルダごと削除すれば復活するようです。

                    2.デザインテンプレートがビジネスによりすぎ&海外製が多い
                     思うに可愛いテンプレートが少ないので、女子には不評かも?テンプレートも海外製が多く日本語対応はそう沢山あるわけではありません。

                    3.テンプレートのカスタマイズが大変
                     無料ブログで配布されているデザインテンプレートを自分でカスタマイズするのはそんなに難しいことでもありません。配布元でカスタマイズの仕方を説明している場合もあります。しかし、WordPress のテンプレートをカスタマイズするのは結構な手間です。

                    思うに、広告や余計な外部リンクがまったくないのでかなりすっきりしました。SEO的にもいいんじゃないかと思います。
                    photo
                    WordPressで作る 今日からはじめるウェブサイト
                    久松 慎一
                    ソシム 2014-04-22
                    売り上げランキング : 8460
                    評価

                    WordPress Perfect GuideBook 3.x対応版 いちばんやさしい WordPress の教本 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 自分で作れる! おしゃれなWebサイト Google Analyticsで集客・売上をアップする方法 影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか

                    by G-Tools , 2014/05/10





                    | 1/1PAGES |

                    携帯スマホクリック保証広告

                    忍者AdMax


                    バリューコマースが提供するスマートフォン向けアドネットワーク 「ADPRESSO」

                    twitter

                    おすすめレンタルサーバー

                    アフィリエイトSEO他



                    アフィリエイトASP




                    iPhone & Android スマートフォンサイト制作の教科書

                    これからはじめる SEO内部対策の教科書


                    アフィリエイト収入の振込口座

                    selected entries

                    categories

                    profile

                    search this site.

                    PR

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM